子どもを連れて美容室へ行く事

子どもを連れて美容室へ行く事

子どもを連れて美容室へ行く事

かつては子どもを連れてまで美容室へ行く親と言うのはほとんどいませんでした。美容室は子供が行く場所ではなかったんですよね。時には子供がカットしてもらうために美容室へ行く事もあったかもしれませんが、それはそもそも子供がカットしてもらう事が目的で、親に連れられて親は子供がじっとしているように傍で見守っていたものです。そしてその逆はありませんでした。逆と言うのは親が美容室へいってヘアスタイルを整えてもらうために、子どもがそれに同行する、と言う事です。実際にはこれはかなり危険な事と言っても良いでしょう。美容室はきれいな場所ですし、子どもが行っても問題のない場所、と考える人もいるかもしれませんが、実際にはハサミと言う一種の刃物を扱う場所ですし、薬剤もたくさん置いてありますし、なにより他のお客さんたちがいる場所です。子どもがじっとしていなければ迷惑になる、と言う事が大前提にあった為に子連れで美容室へ行く、と言う事は誰も思いつかない事だったと思います。ですがそれが今では美容室側が子どもスペースを設けたり、さらには託児所を併設し、子どもを見守ってくれる資格を持った保育士が見てくれるようなシステムを導入ている美容室さえあるんですね。お客さんにとってはとてもありがたいことでしょう。

 

美容室のサービス向上

 

美容室の役割は何だと思いますか?と聞かれたら当然ですが「ヘアスタイルを整える事」と答える人が圧倒的多数でしょう。かつては確かにそうであった、と思います。ですが最近では美容室はそれ以外の役割も担う様になってきている、と思うのです。それは人々をキレイにしてあげる事で、喜ばせてあげたり幸せな気持ちにさせてあげる事、だと思うんですね。つまり本来のヘアスタイルを整えてあげる、と言う目的にプラスアルファ―で「お客さんを満足させなければならない」と言う事があると思われます。ですからいつの間にか美容室にはサービス業的な面が出てきました。かつては先生とまで呼ばれていた美容師のみなさんがとにかく「お客様の為」とへりくだった姿勢になってきたのはカリスマ美容師ブームのころからかもしれません。このころから美容師の人気が高まるとともに美容室の件数も物凄い勢いで増えたと言われています。ですからお客さんが美容室を吟味して選ぶ時代になったんですよね。そうなると技術で他店と競う、というのは頭打ちになってきます。そこで他の事で勝負する、つまりお客さんへのサービス面で他店と争う美容室が増えたのでしょう。いまではとにかく「何をすればお客さんが喜ぶか」と言う事を美容室は考えなくてはならなくなった、と思われます。

 

お気に入りのサロンが見つかる

 

カットが上手な綱島にある美容院

綱島にある美容院

カラーに定評がある府中の美容院

府中にある美容院

パーマをするなら栄にある美容院

栄にある美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ