着いて行くと言う選択が可能なのか

着いて行くと言う選択が可能なのか

着いて行くと言う選択が可能なのか

自分の担当美容師がそのお店を去る、という事が決まればお客さんは「着いて行くのか」「この美容室に留まるのか」という選択をする事になるでしょう。ですがそうはいっても「着いて行く」という選択ができる状況なのか、という事が問題となるでしょう。つまりその美容師が何処へ行くのか、という事ですね。もちろん引退する、別の業界へ行く、というようなもはや美容師と言う職を辞める、という事であれば「着いて行く」という選択はできませんよね。ですが別の美容室へ行く、自分のお店を持つ、という事であればその美容室へ通う事は可能かもしれません。ですがそんな中でも例えばその美容師の新しい勤務先がとても通えるようなところではない、という事になると気持としては着いて行きたい、と思っていても、それは無理だと言わざるを得ないでしょう。美容室と言う所はある程度定期的に通う所ですし、何かあった時にはやはり身近な存在でいてほしいものですよね。そんな自分が通う美容室が一泊しなければ通えない、というのではちょっと困ります。つまり「着いて行きたくても行くことが出来ない」という状況になることも大いに考えられるんですよね。もうその美容師に自分の担当美容師を続けてもらう事はあきらめることになりますね。

 

ショックの大きいお客さん

 

みなさんはずっと担当してくれていた美容師が独立や移動でお店を変わってしまう、という経験をした事があるでしょうか。おそらく、異動になるとかお店を変わる、独立する、という事をその美容師から言われた時にはとてもショックだったと思います。美容師とお客さんの関係というのは短時間で出来上がる物ではありませんよね。おそらく長年お世話になることができる美容師と出会える確率と言うのは、そんなに高くは無いと思うのです。ほとんどの人がちょっとした不満や妥協をしながら担当美容師を決めていたり、長年自分に合う美容師と巡り合う事が出来ないで、美容師の指名をコロコロ変えて見たり、通う美容室自体を転々とする人も多いものです。そんな中で「この人に任せよう」と思える美容師と出会う事が出来て、実際に長い間お世話になる関係を築ける、というのは実はすごい事なんだと思います。それにもかかわらずある日突然「お店を辞める」「異動になる」「転職しようと思う」といった事を打ち明けられたらそれは当然大きなショックとなることでしょう。ですがそれが事実であるならば受け入れるしかありません。そんな時にはお客さんの方でも色々な選択を迫られる事になります。その美容師に着いて行くか、今の美容室に留まって別の美容師にお世話になるか、というような選択です。

 

おすすめサロン

 

口コミでストレートパーマで人気の美容室

美容室 青山 縮毛矯正 髪質改善 ストレートパーマ 人気 口コミ メンズ

カットが上手でリーズナブルな美容室

菊川の美容室

最先端の技術で施術してくれる美容室

立川にある美容室


ホーム RSS購読 サイトマップ